台湾出身者の戸籍を中国から台湾へ
現在、台湾出身者が日本人と結婚したり日本に帰化する場合、または日本人の養子となる場合など、その身分に変動があった場合、戸籍における国籍や出生地は「中国」あるいは「中国台湾省」と表記されます。
中国とは中華人民共和国のことであり、中国台湾省とは中華人民共和国の行政区を指しますから、台湾出身者を中国人としているのが現在の戸籍制度です。元凶は、50 年以上も前の昭和 39 年(1964 年)に出された法務省民事局長通達でした。
台湾は中国の領土ではなく、これまで一度たりとも中華人民共和国の統治を受けたことはありません。また、この戸籍表記は日本政府の見解にも合致していません。
平成 24 年(2012 年)7 月 9 日、これまでの外登証が廃止され、新たに交付された在留カードの「国籍・地域」欄の表記は、台湾出身者の場合、「中国」から「台湾」に改められました。同時に実施された外国人住民票でも「台湾」と表記されるようになりました。
法務省は民事局長通達を出し直し、台湾出身者の戸籍の表記は、在留カードや外国人住民票と同様に「国籍・地域」として「中国」から「台湾」に改めるよう強く要望します。

※【署名に国籍制限はありません】
※記入する方以外の署名をする際は、当人の許諾を頂いてからご署名をお願い致します。
※個人情報は本署名以外では使用致しません。 (*印は必須)
*名前     
フリガナ     
*メールアドレス
*住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。

名前     
フリガナ     
住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。

名前     
フリガナ     
住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。

名前     
フリガナ     
住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。

名前     
フリガナ     
住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。

名前     
フリガナ     
住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。

名前     
フリガナ     
住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。

名前     
フリガナ     
住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。

名前     
フリガナ     
住所

署名としての有効性を保持するために、住所は番地名、建物名・部屋番号まで正確にご記入ください。


よろしければ確認ボタンを押して、確認画面へお進みください。