シンポジウム「日台関係の50年」
本年は台湾の中華民国と断交してから50年の節目の年で、李登輝元総統が亡くなられて仏教の3回忌に当たる年です。
そこで、私どもは、かつての「日華関係」は今や「日台関係」に置き換えられ、現在の日台間は、外交関係がないにもかかわらず、国交を結んでいるどこの国よりも親しい関係にあり、日常的な実務関係が円滑に処理されていることに着目し、日台の相互関係の現実を正当に評価することにより日台関係を再定義するシンポジウム「日台関係の50年─何を失い何を得たのか」を開催します。
基調講演は 蔡英文・総統とのテレビ会談で経済安全保障などについて話し合った自民党政務調査会長の高市早苗さんを講師に迎え、日台関係の機軸となる「日台の経済安全保障」をテーマにお話しいただきます。
パネルデスカッションは、櫻井よしこ、福島香織、渡辺利夫、林建良の各氏をパネリストに、浅野和生氏をコーディネーターとして、日台関係の50年を振り返り、李元総統が唱導された「日台運命共同体」を手掛かりに新たな日台関係を展望します。
台湾にご縁のある方ならどなたでも歓迎です。ふるってご参加ください。 (*印は必須)
*お名前     
*フリガナ     
*ご住所
- 






*メールアドレス

半角で入力してください。

*お電話番号 --
*会籍



*「入会希望」の方の参加費は「会員参加費」適用となります。
*「入会希望」の方には郵便振替用紙をお送りします。
 希望する会員会費とともに参加費をお振り込みください。

*参加費(前金制)


*参加費は前金制です。
 7月19日(火)までお振り込みください。
*振込手数料はご負担ください。
*お申し込みと同時にお振り込みください。
*クレジットの取扱いは行っておりません。


よろしければ確認ボタンを押して、確認画面へお進みください。